新日鐵住金社長 進藤孝生
「『しんにってつじゅうきん』の『しんどうたかお社長』」とダブルで言い間違えられることもあり、「もう訂正しなくていいや」と悟りの境地に達することがあるという Photo by Kazutoshi Sumitomo

新日鐵住金が、じわり変化し始めている。方針転換して海外の高炉メーカーの買収に動きだしたかと思うと、突如、商号変更まで発表。「鉄を極める」方針を掲げながらも、グループ一丸となってマルチマテリアル化に臨む構えも見せている。進藤孝生社長に胸の内を聞いた。(「週刊ダイヤモンド」編集部 新井美江子)

──5月16日に、来年4月から「日本製鉄(にっぽんせいてつ)」に商号変更すると発表しました。新日鐵住金は2012年に新日本製鐵と住友金属工業が合併してできた会社ですが、新商号は住友のにおいがしなくなる。住友金属出身者の士気が下がるのでは?

「住金」には住友の名残があるので、住友金属のOBの方を中心に……友野さん(友野宏・新日鐵住金前社長。住友金属出身)は言わなかったですけれども、「『住金』って言葉がなくなるのは寂しいなぁ」とおっしゃる方はいました。

 そういう方には、「日本製鉄っていうのは新日本製鐵の『日本』じゃないんです。住金だけでなく、新日鐵もなくなります。だから、もう少し上の概念としてぜひ理解してください」とお願いしました。

──「上の概念」とは?

 われわれは来年、連携強化のために日新製鋼を完全子会社化します。今年6月にはオバコというスウェーデンの特殊鋼メーカーも買収し、それに伴い、山陽特殊製鋼への出資比率の引き上げも検討しています。いろいろな会社の組織的DNAが新たに加わるとなると、もう少しインクルーシブ(包摂的)な商号が必要です。