ただ当初は、「お気持ち」であるはずのお布施に値段をつけたことで、「宗教を商品化している」などと仏教界から反発もあった。全日本仏教会が「お坊さん便」の販売中止をAmazon側に申し入れる事態に発展したが、全仏を支持する声はわずかで、逆に「お布施の金額が不明瞭」などと批判にさらされた。

 男性は「お坊さん便」に対する批判があることを理解した上で、「派遣僧侶」として活動している。

「僧侶の読経やお話を聞いた人は、お経代として払うんじゃなくて、仏様や人のために何かをする。その窓口が僧侶やお寺です。お経代になってしまうと、お布施という尊い行為がただの商取引になってしまう」

「ただ実際には、ほとんどのお寺で、拝んで(対価として)お布施をいただくのが当たり前になっています。多分本来の意味のお布施のようなやり取りは、もうずっと前になくなっているんだと思うんです」

「そこ(お布施の金額の明示)の議論を掘り下げて、どっちが正しいというよりも、困っている人がいて、自分が拝むことで喜んでくれる人がいる。お布施の本質や寺とは違うシステムであっても、僧侶として1つの役割を果たしたことになるのかなと僕は思います」 

取材に応じる男性
取材に応じる男性 Photo by Rio Hamada/Huffpost Japan

「領収書出せますか?」と言われて...

 実際の依頼は、どのような形で受けるのか。注文からお勤めまでの主な流れは次の通りだ。

・利用者がネット上や電話で注文。法要の内容や宗派、日時や場所を記入する(注文がAmazonやYahoo経由の場合もある)
・利用者の希望を基に、運営会社が該当する僧侶に連絡
・僧侶の予定や都合が合えばオファー成立。当日にお勤めに当たる

 ちょうど取材の最中にも、男性にお勤め依頼の電話が鳴った。