女性活躍推進法が施行されて数年になるが、「女性活躍推進」という言葉にある種のモヤモヤを感じている人もいるはずだ。たとえば、そもそも女性は「活躍していない」のだろうか? あるいは、女性は「活躍」を望んでいるのだろうか? 「7,400人への徹底リサーチ」と「人材開発の研究・理論」に基づいて、立教大学教授・中原淳氏らがまとめた最新刊『女性の視点で見直す人材育成――だれもが働きやすい「最高の職場」をつくる』から、一部を抜粋してお送りする。

「長く仕事を続けたい」気持ち、強いのは男女どっち?

「職位の上昇」や「女性管理職の比率」「昇進意欲」などに力点を置いてとらえられがちな「女性活躍推進」ですが、今回の記事では、女性活躍の「もう一つの面」である就業継続意欲、つまり、「仕事を長く続けたい」という気持ちに注目してみたいと思います。

次のグラフは、「できるだけ長く仕事を続けたいですか?」という質問に対する答えを男女別に示したものです。