あなたは、アマゾンにどういう印象を持っているだろうか?「便利」?それとも「怖い」?
「アマゾンエフェクト」という言葉がある。これは、簡単にいうとアマゾンが与える影響のことだ。
影響先は、競合する企業だけではない。経済や産業など、もっと広い範囲を変える可能性がある。アマゾンは、経営学の革命である。近い将来、必ず経営学の教科書に載るだろう。アマゾンを研究することは、ビジネスの最先端を知ることであり、未来の社会を知ることだ。本連載では、成毛眞氏の最新刊『amazon 世界最先端の戦略』から、一部抜粋してアマゾンの戦略を解説する。

マーケットプレイスを利用したくなるのは「FBA」のおかげ

前回では、なぜアマゾンで大量の安い商品が取りあつかえるのか、その理由を説明した。その理由は、マーケットプレイスという仕組みが出品業者にとっても魅力的だというものだ。この仕組みには、アマゾンという企業の特徴がとても出ている。より詳しく見ていこう。

アマゾンは、マーケットプレイスという「場」に外部の企業が思わず活用したくなる魅力的なサービスをたくさん用意している。

いくつかあるが、最も大きいのがフルフィルメント・バイ・アマゾン、略してFBAと呼ばれるものだ。