ローソンで貯めるなら「Pontaポイント」

 ローソンで貯まる共通ポイントといえば、Pontaポイント。提携店舗数は19万8000店で、会員数は8700万人(2018年5月時点)。ポイント還元率は、100円で1ポイント(1%)と高いので貯めがいがある。「大戸屋」や「ケンタッキーフライドチキン(KFC)」など全国チェーンの飲食店をはじめ、百貨店の「髙島屋」、スーパーの「ライフ」などでもポイントが貯まる。

「じゃらんnet」「ホットペッパービューティー」「ポンパレモール」といったリクルート系のサービスをよく使う人にも、Pontaポイントはオススメ。これらのサイトはポイント付与率が1~3%と高めに設定されている上、ポイントアップキャンペーンも多く実施されているからだ。

 ポイントのお得な使い道は、何といってもローソンの「お試し引換券」との交換だろう。毎週火曜と金曜に公式サイト(お試し引換券・今月の全商品)が更新され、お菓子やお酒、日用品など、さまざまな商品と交換できる。これらの商品は値引き額が大きいのでオススメである。

最大11%もつく「楽天スーパーポイント」

 楽天スーパーポイントは、楽天市場をはじめ、楽天トラベル、楽天ブックス、楽天デリバリー、楽天ネットスーパーなど、ほとんどのサービスでポイントが貯まる。会員数は2017年12月末時点で9520万人(楽天会員ID数、登録完了後1回以上ログイン)、提携店舗数は52万店だ。

 長所は、何といっても貯まりやすさ。たとえば楽天市場のポイント付与率は通常1%だが、アプリや楽天ゴールドカードなどの併用で、最大11%(期間限定ポイントを含む)になる。随時開催されているキャンペーンを狙えば、さらに多くのポイントを獲得することも可能だ。「マクドナルド」や「くら寿司」「ミスタードーナツ」など、リアルの提携店舗も増えている。

 オススメは楽天市場でのキャンペーン時にもらえる「期間限定ポイント」をリアル店舗で使うこと。「もうすぐポイントの有効期限が切れるけど楽天市場にほしいものがない」というときでも、1ポイントから有効に使えるので便利だ。