ふくおかフィナンシャルグループ本社
公取委はようやく、ふくおかフィナンシャルグループと十八銀行の統合承認に向けた最終調整に入る Photo by Takahisa Suzuki

 ふくおかフィナンシャルグループと、長崎県の十八銀行との統合に長らく反対してきた公正取引委員会が、ようやく統合承認に向けた最終調整に入るようだ。

 公取委は、両行が統合すると「長崎県内で独占的な融資シェアとなり、競争環境が保たれない」として難色を示していたが、両行が融資先に「他行から借りてくれ」と頼んで回り、融資シェアが下がったことで公取委が納得したということのようだ。

 結果としては統合が認められそうで胸をなで下ろしているが、今後のこともあるので、公取委には地銀の置かれた現状を正しく認識して、「独占の弊害」より「過当競争の弊害」を避けるべく、地銀の合併に前向きになっていただきたい。

 まさか、セクショナリズムで「地銀が独占利潤をむさぼれば自分たちの責任だが、地銀が共倒れになっても自分たちの責任ではない」などと考えているわけではないだろうから。