中国で活躍する日本人漫才師たち
中国で漫才師として活躍する日本人の若者たち ©東方新報

中国には、伝統的な話芸の一つ、「相声」というものがある。話術や芸で客を笑わせる芸能で、日本における漫才だ。そんな中国の漫才に挑戦し、中国で人気を誇っている3人の日本人の若者を追った。中国語と日本語の2ヵ国語の新聞『東方新報』の記事をご紹介しよう。(取材・文/『東方新報』取材班)

北京っ子そのままに振る舞う
中国で活躍する日本人漫才師

 手の平でクルミを回しながら定番の豆乳をお供に、北京名物のモツ煮込みと揚げドーナツに舌鼓を打つ。昔ながらの布の靴を履き、中古市場街「潘家園」をぶらぶらしながら掘り出し物を物色。口を開けば北京訛りの典型的な「老北京(北京っ子)」が、「漫才師」西田聡さんだ。

 西田さんは、初対面の人にも臆せず、完璧な北京式ユーモアでもてなす。彼の北京式自己紹介はこうだ。

「僕の名前は西田聡(Cong=中国語のネギと同じ発音)。二人の弟は、西田姜(ショウガ)と西田蒜(ニンニク)。父の仕事はコックだ」。そんな西田さんは北京語言大学に通う京都出身の大学院生。幼い頃から中国文化に興味があったという。