まず、普通のクルマは右足だけでアクセルとブレーキを操作することを前提に作られている。ペダルの位置は、右足で操作することが前提のため、全体として右側に片寄っている。

 ブレーキペダルは、よくても真ん中だ。そうした車両で左足ブレーキを使おうと思うと、左足を不自然に中央に持ってくる必要がある。体をねじることになるのだ。

 たまにやるだけならば問題ないかもしれないが、長時間やっていれば腰も痛くなるだろう。

 また、モータースポーツ車両と違って、普通のクルマはシートベルトでがっちりと体を保持しているわけではない。そのため左足でフロアを強く踏みしめて体を保持するためのフットレストが存在するクルマも多い。

 しかし、左足ブレーキではフットレストが使えなくなる。非常に不安定だ。これは正直、疲れる。

 かといってモータースポーツ用車両のように体をシートベルトで拘束すると、運転以外の動きができなくなる。 例えばラジオの操作や、ドリンクホルダーからドリンクを取り出すことさえできなくなるのだ。通常のドライブでは不便極まりないといえるだろう。

 そうした理由があるため、個人的に左足ブレーキはお勧めできないというわけだ。現状では、先進運転支援システム(ADAS)の進化に期待するというのが、最も可能性の高い答えなのではないだろうか。残念ではあるが。