中学や高校で英語を習った人なら、たいていそれなりの単語力はあるものだ。にもかかわらず、いざ話そうとするとまったく言葉が出てこなくなるのはなぜなのか? 30年にわたって日本人が英語を話すための方法を考えてきたデイビッド・セイン氏が、この問題について、画期的な解決策を考案。そのメソッドを、このたび『最低限の単語力でもてっとりばやく英語が話せる――日本人1万人を教えてわかったすぐに話せる50の方法』にまとめた。
これは、とにかくしゃべれるようになること「だけ」をゴールにしたニュータイプの英語本。
「That sounds...」「I feel like...」「Let's say」など、一番使い回しの効く「最強のしゃべりだしフレーズ50」を厳選、どんな会話でも対応可能の「ネイティブの6つの会話パターン」に沿って紹介している。脳が最も効率的に記憶できる無料ダウンロード音声もついているので、「最短距離」で英語を話せるようになりたいという人なら絶対に必読の一冊だ。以下、その内容から一部を特別公開しよう。

「Oh! Really?」を連発していませんか?

 英語を話すとき、さりげなくうまいあいづちが打てれば話がテンポよく流れますし、気持ちいいですよね。しかし、「本当に?」「本当ですか?」と言おうとして、ひたすら「Really?」を連発してしまう日本の生徒さんをよく見ることがあります。でも、それではちょっと苦しいですよね? 「それ、本当?」「信じられない!」「うそでしょ?」などの気持ちをいろんな言葉で表現できれば、自然な会話の流れが生まれます。一度さらっと覚えてしまえば、会話をするときにはかならず使えるフレーズなので、頻繁に使えていつのまにか記憶にしっかり定着するはずです。ぜひこの機会に5分使って頭に入れてしまってください!

 以下のフレーズは上のほうが比較的フォーマルで下に行くにしたがって、カジュアルな表現になっています。これを使って「Really?」の一本槍を卒業しましょう。

5通りの「本当に?」

Is that so?(そうなんですか?)
「Really?」とほぼ同じニュアンスで使えますし、相手の言ったことに対して「そうかな」と疑問を投げかけるときにも使えます。

I'm speechless!(言葉もありません!)
「ショックのあまり言葉も出ない」ということ。どうリアクションしていいか困るようなニュースや報告に対してとりあえず場をつなぐためのひと言として使うことも。

Oh, no!(ええ!)
悪いニュースを聞いたときの驚きを表したり、言い方によっては相手に対する同情を示すこともできます。

Seriously?(本気ですか?)
「 Really?」や「Are you serious?」とほぼ同じニュアンスです。こう言われて、「本当です」「間違いありません」と答えるなら、「I’m positive.」や「I’m serious.」が使えます。

For real?(本当に?)
「Really?」や「Are you sure?」よりくだけた言い方です。親切な申し出に対して「本当にいいんですか!?」というニュアンスでも使えます。

あいづちのバリエーションが会話力を上げる

 この手の頻繁に使うあいづちのバリエーションを持っているだけで、英会話では、うまく話せる部分がぐっと増えます。

 他にも、最初に会ったときの「どうもどうも」や、「I see」連発になりがちな「なるほどー」、つい「what?」になってしまうなど失礼になってしまいがちな「いまなんておっしゃいました?」、意外と言葉に詰まってしまう「がんばってください」などの、使いがちな言葉のバリエーションをぜひ覚えて使ってみてください(本書では最もよく使うあいづちの便利なバリエーションも数々紹介しています。ぜひご参照ください)。

(本原稿はD・セイン著『最低限の単語力でもてっとりばやく英語が話せる』を編集して掲載しています)