私は、突きつけられた事実と折り合いをつけなくてはなりませんでした。

 私はどうしたか。まず、夢を追いかけるのは諦めました。なぜなら達成できない夢だと知ったからです。しかし、夢を見ることはやめませんでした。つまり、目標とすることをやめただけで、憧れ続けることはやめなかったわけです。

 現実との折り合いをつけ、夢を見ることを楽しむようになったのです。医学書を読み、医者と話をし、時には診断の真似事をしてみる。飛行機の映像や写真を見るのは今でも好きで、航空会社の仕事もし、飛行機にも詳しくなりました。軍事研究も経営学者には必要な領域です。

 夢の周辺をぐるぐる回る楽しみを見つけたのです。しかも「好きだ、好きだ」と思っていると、なんとなく近い仕事が来たりするから面白いものです。病院設立のコンサルティングを行ったり、航空自衛隊の方々とお話しするチャンスが来たり、夢は叶わなかったけれど、夢を見続ける楽しみは充分味わせてもらっています。

 夢は決して諦める必要がない。いつまでも楽しむべきものだと思うのです。ただし、夢を叶えることだけは諦めるのが得策です。

夢が目標に変わると、
とたんに辛くなる

 夢が単なる夢のレベルを超え、現実味を帯びてくると、夢は目標に変わります。そして、目標を達成するためにスケジュールが組まれると、途端に苦しくなってきます。受験勉強をして、目標達成のための学校に入る。国家試験を受ける。さらに競い合ってチャンスをつかみ、さらに競い続ける……。

 先ほどの高校球児も同じです。彼らの多くは、この先も野球で人生を生きる。プロの選手になるのが最大の目標になります。甲子園で活躍した段階で、プロ野球選手になる夢は現実味を帯びるからです。そうなると、夢は楽しいものではなく、辛く苦しいものになり、憧れはリアルな戦いの場に変わります。

 たとえプロ野球選手になれても、その寿命は総じて短いものです。万年二軍という人も多いですし、数年も経たないうちに戦力外となって放り出される人もまた多い。

 それは夢ではなく現実であり、楽しいことよりも辛いことのほうが多い「プロとしての人生」です。

 だから、早い段階で挫折することはむしろ幸せです。ギリギリまで勝ち残り、最後の段階で挫折する。これこそ、本当に辛いことなのです。

 例えば、プロ野球選手を目指した高校球児が、ドラフトで選ばれなければその先、どうすればいいのでしょうか。