構想・執筆に2年。広島の人気ラジオ『エフエムふくやま』でも、「ページをめくる手が止まらなかった」と紹介され、大手映像会社からも「どうしても映像化したい」というオファーが舞い込んできた、話題のエンターテイメント小説『マルチナ、永遠のAI。』
その作者の大村あつし氏が、7月のとある暑い日にtwitterで『マルチナ、永遠のAI。』の写真とともに次のようなツィートを見つけた。
「新しい本を本屋さんに買いに行ったぞ~~
マルチナ、永遠のAI。今日から読み始めまする」
それは、10頭身ハーフモデルとして人気急上昇中のアンジェラ芽衣さん(21)が投稿したものであった。
モデルのみならず、タレントとしてテレビ出演もこなす多才なアンジェラ芽衣さんは、一体AIについてどのような考えを持っているのか。
大いに興味を持った我々は、すぐさま彼女の事務所にオファーを出し、このたびの対談が実現した。
『マルチナ、永遠のAI。』がきっかけで「AIオタク」を自称するまでになったアンジェラ芽衣さん。
「モデル」と「AI」という掛け算から生まれた化学反応のおかげで大いに盛り上がった対談の第3回を特別公開する。(構成・寺田庸二、写真・©️瑞麗)

若干21歳、人気モデルの
アンジェラ芽衣が考える仮想通貨は
「Suicaと同じ存在」

大村あつし
IT書籍から小説まで幅広く手がける作家・ライター
エクセルのマクロ言語の解説書の売上部数は150万部を超えている。1997年に、その後国内最大規模となるマイクロソフト・オフィス製品のポータルサイト「moug」を一人で立ち上げる。2003年にはIT系資格試験の「VBAエキスパート」を中心メンバーとして創設。2007年に処女小説『エブリ リトル シング』が17万部のベストセラーとなり、中華圏や韓国での翻訳出版や2回の舞台化(2008年井上和香、2009年内山理名主演)。著書に、『マルチナ、永遠のAI。』、ベストセラーとなった『かんたんプログラミングExcel VBA』シリーズ(全16冊)など多数。静岡県富士市在住。

大村 話はガラリと変わりますが、アンジェラさんは仮想通貨に関してはどのような見解を持っていますか?

アンジェラ芽衣 私は、仮想通貨はSuicaと同じだと思っています。ですから、何年かかってでも普及すると思います。

大村 それは、落合陽一先生と同じ意見ですね。

アンジェラ芽衣 だって、Suicaは紙幣でも硬貨でもないのに使っている人がいますよね。それは、「Suicaがあれば乗り物に乗れたり、ちょっとした買い物ができる」と信じているからですよね。仮想通貨は、まだその「信用」の部分が追いついていないだけで、将来的にはみんなが当たり前のように使っていると思います。

大村 実は、『マルチナ、永遠のAI。』の舞台設定は2020年なのですが、この本の執筆に取り掛かったのは2016年なんです。そこで僕は、「4年後の東京オリンピックの頃には、海外の人がわざわざ『円』に両替することなく、仮想通貨を使う人が出始めている」という想定で執筆しました。しかし、現状を見ると、東京オリンピックの頃にはまだ「円」が使われていそうですね。

アンジェラ芽衣 ということは、オリンピックのような世界的なイベントをきっかけに仮想通貨が一気に普及するかもしれませんね。
 実は、先日、お仕事で台湾に行ったんですが、台湾のお札を見ても瞬時に「いくら」という価値が実感できませんでした。そのときに、「世界共通の通貨があれば便利なのに」と思ったんです。
 意外に、クレジットカードも使えないような国から普及していくこともありえると感じています。

大村 仮想通貨は後進国から普及する。その着眼点は相当鋭いですね。実際に、タイを中心に東南アジアでは「OmiseGo」という仮想通貨が使われ始めていますから。それに、世界には預金口座を持たない人が7割もいます。そういう人たちにとっては、スマホに「預金」できて、スマホで決済できる仮想通貨はとても便利なお金に違いないと僕は思っています。
 もっとも、仮想通貨があるからと、それで「円」や「ドル」という「フィアット通貨」、各国固有の法定通貨がなくなることはもちろんありませんが。

アンジェラ芽衣 要するに、クレジットカードと同じですよね。クレジットカード、すなわち、仮想通貨で支払いたい人は仮想通貨で支払えばいいですし、その国の法定通貨、すなわち、現金で支払いたい人は現金で支払えばいい。そんな世界になると思います。いずれにしても、仮想通貨は絶対に普及すると私は思っています。

大村 いや、なんか僕の予想を凌ぐアンジェラさんの回答を聞いていると、「質問している」というよりも、逆に「勉強させていただいている」という気分です。本当に、すぐにでもテレビ番組でMCができますね。

アンジェラ芽衣 いえ、とんでもないです(笑)。