食事で勧められたものを断る時のタブーな言い方
食事で勧められたものを断る時、“No,thank you.”と言っていませんか?これはきつい言い方。こう言われた相手はいい気分ではありません(写真はイメージです) Photo:PIXTA

外国人の上司から仕事を頼まれたら、心証を悪くしないよう、自身のスケジュールを考えずに無理に引き受けていませんか?どうしても英語で断わらなければならない時、どのように伝えるのがいいのか悩む方も少なくありません。今回は上司への断り方についてランキング形式で紹介するとともに、フレーズのニュアンスの違いも合わせて、デイビッド・セイン氏がわかりやすく解説します。

 人から仕事を頼まれたら、なるべく快く引き受けたいものですよね。しかも上司(外国人)からの依頼であればなおさらのこと。ところが自身のスケジュールを考えずに無理に引き受けてしまうと、「○○の仕事が締め切りに間に合わない」「中途半端な仕事になってしまう」など、かえって迷惑をかけてしまう可能性も・Bどうしても断らざるを得ない時、その断り方1つで、相手の心証は全く違うものになります。そこで今回はビジネス英語で役立つ断り方を覚えましょう。

 今回、「外国人の上司から仕事をお願いされたが、他の仕事が手一杯で断る時にどの断り方がいいのか」というアンケートを実施しました。

 次のチャートを見てください。悪い順から挙げていくと以下のような結果になりました。