中学や高校で英語を習った人なら、たいていそれなりの単語力はあるものだ。にもかかわらず、いざ話そうとするとまったく言葉が出てこなくなるのはなぜなのか? 30年にわたって日本人が英語を話すための方法を考えてきたデイビッド・セイン氏が、この問題について、画期的な解決策を考案。そのメソッドを、このたび『最低限の単語力でもてっとりばやく英語が話せる――日本人1万人を教えてわかったすぐに話せる50の方法』にまとめた。
これは、とにかくしゃべれるようになること「だけ」をゴールにしたニュータイプの英語本。
「That sounds...」「I feel like...」「Let's say」など、一番使い回しの効く「最強のしゃべりだしフレーズ50」を厳選、どんな会話でも対応可能の「ネイティブの6つの会話パターン」に沿って紹介している。脳が最も効率的に記憶できる無料ダウンロード音声もついているので、「最短距離」で英語を話せるようになりたいという人なら絶対に必読の一冊だ。以下、その内容から一部を特別公開しよう。

「 思えます」とふんわり言う

 英語を話すとき、やたらと「I think」(私は~だと思う)を連発してしまう日本人と会うことがあります。「I think」と言わなければ、断定的に見えてしまうのではないかという懸念があるからだと思うのですが、ネイティブからすると、同じフレーズを連発している人はどうしても稚拙にうつってしまいます。

 また、じつは「I think...」も、意外と断定的で押しつけがましいニュアンスが出てしまうことがあります。たとえば同僚の誰かが働きすぎに思えるな……といったとき、I think you're working too much. と言うと、「あなたは働きすぎていると思う」と、上から目線のようにも響きかねません。

 そこでお勧めしたいのが、「It seems to me that...」(私には~に思えます)

 日本人の目には、ネイティブは相手を気にせずぐいぐいと自己主張をしているように見えるかもしれませんが、実際には意見を言う際、意外と繊細に気遣いのフレーズをはさみます。そのひとつがこのフレーズ。

「It seems to me that you're working too much.」(働きすぎているように見えますよ)のように言うと、「あなたはこうだと思う」ではなく、「私にはこう見えますよ」とやさしい響きになります。

こんなふうに使ってみよう

彼は信用できないよ。
I don't think I can trust him.
私には正直者に思えますが。
It seems to me that he's an honest person.

カバンがすごく重い!
These bags are so heavy!
手伝いが必要なんじゃないですか?
It seems to me that you need some help.

どのプランがいいと思う?
Which plan sounds good to you?
私にはこのプランは売上の大幅増加につながるように思えます。
It seems to me that this plan will greatly increase our sales.

昨日は一晩中眠れなかったよ!
I didn't sleep at all last night!
働きすぎなんじゃない?
It seems to me that you're working too much.

会議、長かったね。
That meeting took a long time.
私にはこのプロジェクトは上手くいかないように思えます。
It seems to me that the project isn't going very well.

この仕事、やりたくないなあ。
I don't really want to do this job.
選択の余地はなさそうだよ。
It seems to me that we have no choice.

ポイント:これを使えば「I think」連発がやめられるうえ、もっと感じのいい表現になる

(本原稿はD・セイン著『最低限の単語力でもてっとりばやく英語が話せる』を編集して掲載しています)