非常に高額なのに、最高競争率316倍!
いま、宝くじに当たるより難しい?サービスを、あなたはご存じだろうか?
JR九州。正式名「九州旅客鉄道株式会社」。名前だけ聞くと、旧態依然の鉄道会社のイメージを持つかもしれない。だが、この会社の「あるサービス」が、ひそかに感動の輪を広げている。
九州以外で暮らしているとわからない。でも、九州に行くと景色は一変する。
その名は、クルーズトレイン「ななつ星 in 九州」(以下、ななつ星)。いまや「世界一の豪華列車」と称され、高額にもかかわらず、2013年の運行開始以来、予約数が定員をはるかに上回る状態が続いている。DX(デラックス)スイート(7号車の最高客室)の過去最高競争率が316倍、昨年11月の『日経MJ』には「ブランド作りとは世界の王でも断る覚悟」と題して、そのフェアな抽選システムが新聞一面に紹介された。
だが、驚くべきは、「ななつ星」だけではない。
この会社、バリバリの鉄道会社なのに、売上の6割は鉄道以外の収入で、8年連続増収なのだ。
JR九州を率いるのは唐池恒二氏。8月27日、韓国と九州を結ぶ真っ赤な新型高速船「クイーンビートル」を2020年8月に就航すると発表。さらに、7月には、中国・アリババグループとの戦略的資本提携を発表。2020年の東京オリンピックを控え、ますます九州が熱くなりそうだ。
記者は、この20年、数々の経営者を見てきたが、これほどスケールの大きい経営者は記憶がない。
1987年の国鉄分割民営化の会社スタート時、JR九州は、JR北海道、JR四国とともに「三島(さんとう)JR」と称され、300億円の赤字。中央から完全に見放されていた。
それが今はどうだろう。高速船、外食、不動産、建設、農業、ホテル、流通、ドラッグストアなど、売上の6割を鉄道以外の収入にして8年連続増収。2016年に東証一部上場、2017年に黒字500億円を達成。今年3月1日の『カンブリア宮殿』(テレビ東京系)でも、逆境と屈辱から這い上がってきた姿が紹介された。
今回、再現性のあるノウハウ、熱きマインド、破天荒なエピソードを一冊に凝縮した、唐池恒二氏の著書『感動経営――世界一の豪華列車「ななつ星」トップが明かす49の心得』が、9月13日に発売されたばかりの唐池氏に「感動経営」の秘訣を語っていただこう。(構成:寺田庸二)

大事な情報ほど短くわかりやすく

 2006年、JR九州の常務取締役総合企画本部副本部長兼経営企画部長を拝命した折、社内の文書作成の決まりを一新した。

 それまで明朝体であったものを、すべてゴシック体にした。

 ご覧のとおり、私の役職からしてとっても長ったらしかった。
 当社の文書には鉄道会社らしい専門用語、職位、固有名詞、名前に日時と金額が混在する。情報量も多い。
 結果として、大事なことがなかなか伝わらない。
 だからまずは、書体から目に入りやすいものにした。

 明朝体は保存文書には適しているが、スピード感の求められる伝達やプレゼンテーションには、文字から気合が感じられないからよろしくない。

 だから日常で書く文書は、すべてゴシック体とした。

 経営者は、効率よくすっと定着するように重要事項を伝えなくてはいけない。
 だが、なかなか難しい。

 私は若いころから、頼まれもしないのに、社内報やさまざまな文書を書いたり発行したりしていたので、実感があった。

1.大事な文書こそ、簡潔でわかりやすくあれ
2.そして、ひとはそれでも見聞きしたことを忘れる

 この2つは、私がいまもずっと、口をすっぱくしていい続けていることである。
 ちなみに文書の長さは、基本的にA4サイズ一枚を推奨している。
 大事だと思うほどに、ひとはうっかり長々と語り連ねてしまうものだが、それは逆効果。

 伝えたいことは、絞りこまなくてはならない。