ただし、人材紹介会社の紹介実績の内容がどのようなポジション中心かは確認する必要があります。いくら自分の行きたい会社への紹介実績が多くても、それが若手ばかりならエグゼクティブの人にとっては意味がありません。逆もまたしかりです。

内定が出た後に、
別の社員に会ってみるという方法

 一方、面接を終えて内定を出され、受諾するかどうかを迷っている段階ならどうするのがいいか。

 結局、社風が合うか合わないかの判断は直接、中の人に会ってみるのが一番です。内定が出るまでには面接でたいてい人事、上司になる人、そして役員や社長と会うわけですが、それでも足りないと思われるときは人事にまた別の人に会わせてもらえるようお願いするといいと思います。

「これまでに面接で3人の方とお会いさせていただきましたが、まだイメージが湧き切りません。大変恐縮ですが、よろしければ私と同年代で活躍されている方とお会いさせていただけないでしょうか」

 こういう依頼をしたら敬遠されるのではと懸念する人もいると思いますが、ほとんどの会社は嫌がりません。ただし内定が出た後というのが前提で、回数も1回だけに限ります。それ以上は「面倒くさい人」「判断力や決断力のない人」になってしまいます。

 だから依頼するときは、「この会社ならどういう人に会えば最も自分とのカルチャーフィットが確認できるか」を考えてお願いすることが大切です。

 会社側もあなたが欲しいのなら、あなたにフィットしそうでかつ活躍している社員を出してくるはずです。そこには「こういう人になってほしい」という希望も込められています。したがって、そうやって会った社員に対して自分がどう思うのか、直感を含めた気持ちはカルチャーフィットを測る上で非常に参考になるものです。