市区町村魅力度ランキングは函館1位、
広島・伊勢・名古屋の順位が大幅上昇

 また同時に発表されている「市区町村魅力度ランキング2018」も見ていこう。市区町村の魅力度でトップになったのは函館市で、2年ぶりに5度目の首位を奪還した。観光意欲度で1位、産品購入意欲度で2位となり、順位を押し上げた結果に。2位は前年1位の京都市がランクインした。

 トップ10までには、1位の函館市だけでなく、3位札幌市、5位小樽市、7位富良野市と、北海道の4都市がランクインし、北海道がいかに魅力的な都市をたくさん擁しているかが見て取れる。

 そのほか、今回ベスト10には入らなかったが、市区町村では順位を大きくジャンプアップさせたところが複数あった。例えば、昨年32位の伊勢市は14位に上昇、名古屋市も昨年21位から12位、広島市は34位から23位にアップしている。また、特に上昇させた順位が大きかったのが北海道北見市で、昨年の268位から133位にアップした。