最近の男子は性欲がない?
最近の男子は性欲がない?(写真はイメージです) Photo:PIXTA

ひと頃「草食系男子」という言葉がはやっていたが、最近の若者は昔に比べ、物欲、性欲に乏しいと言われている。特に、20代男子の性欲の低下は著しいと言われているが、本当だろうか。(フリーライター 武藤弘樹)

世代ごとの“欲”のグラデーション
現代に近いほど欲が弱い?

「近年の若者は欲に乏しい」という言説をちまたでよく耳にする。確かににそういった印象はあり、筆者が個人的に親しい10代、20代の若者たちも丸く、“草食”的な人が多い。

 筆者は1980年生まれの38歳だが、同世代の男性にはギラギラした連中がそこそこ散見される。彼らは物欲や性欲、「金持ちになってやろう」という野心を四方に放出しながら生きている。もちろん個人の性格のことなので人それぞれには違いないのだが、その割合が現在の20代に比べて多いように感じるのである。

 しかし、筆者の世代もおそらくさらに上の世代から見ると欲が少ないのかもしれない。例えば、筆者が20代の頃、周りの連中はあまりクルマを欲しがらなかった。クルマといえば80年代や90年代には若い男性の大きなステータスシンボルとされていたアイテムだが、筆者が20代を送った2000年代に入ってからは、あまり強いシンボルにはなっていなかった印象がある。

 こうした“若者の欲”は世代ごとにグラデーションになっていると見ていいかもしれない。では2018年の20代の若者、その中でも特に筆者が個人的に感じている彼らの性欲の低下について、生の声を参考に洞察を深めていきたい。

自称「モテない」
イケメンジャズマンの性欲

 さて、再び筆者の話で恐縮だが、知り合いの男性を見渡すと「女性に疎い」タイプはいても、女性に「興味がない」タイプはいなかったように思う。女性に疎く、自分からアプローチできない男性の場合、「プロ」の女性を専門にして憂さを晴らしている友人もいた。また、「女性に疎い」度合いと、「ファッションに興味がない」度合いは、ある程度比例していたように思う。