金正恩
写真:労働新聞(電子版)より

 今年6月、シンガポールで史上初の米朝首脳会談が開催された。トランプ大統領と金正恩朝鮮労働党委員長は、出会いから握手、始終、親密ムードが漂った会談の後、金委員長は「非核化」と「経済優先」への転換を表明した。

 その後、非核化の意思を見せるために、寧辺(ニョンビョン) の核実験場を爆破し、その時の映像を世界に公開。さらに9月9日の建国記念日に行われた軍事パレードでもミサイルを登場させなかった。

 だが一方では、米国との非核化交渉の難航が伝えられている。「経済優先」は本物なのか。

首脳会談後、不動産取引活況
平壌市内、中国国境で価格高騰

 首脳会談に先立ち、北朝鮮のある官僚は、西側のジャーナリストに対して次のように述べた。

「我々の目標は米国との戦争ではない。平壌にマクドナルドができることだ」。