あなたは、今まさに接客サービスの世界に足を踏み入れた人でしょうか? それとも、接客サービスの仕事をはじめたけれど、少し行き詰まりを感じているところでしょうか? または、あなた自身はオーナーか店長でスタッフの指導育成に悩んでいるのでしょうか……。そんな方には、本連載がきっとお役に立ちます。11月7日に『これだけできれば大丈夫!すぐ使える!接客1年生』(ダイヤモンド社)を上梓した著者の七條千恵美さんは、元JALのカリスマ教官。七條さんいわく、接客の本質とは「あなたを大切に想っています」「感謝しています」「歓迎しています」「敬意を持っています」という想いを感じていただくこと。お客さまの「イラッ」「モヤッ」をなくすこと。それが、接客の基本中のキホン。お客さまに信頼され、リピーターが増える接客のキホンをやさしく解説する連載です。

誠実な接客態度を身に着けるのが第一

 接客を学ぶとき、「美しい所作」というフレーズが多く出てきます。当然のことながら、お客さまに見られているわけですから、美しさがあるに越したことはありません。

 しかし、接客1年生の場合には「美しい身のこなしで魅了する」というイメージよりも「誠実な接客態度を身につける」というイメージをもっていただきたいと思います。

 なぜならば、美しい所作というものは、そもそもお客さまへの配慮が土台にあるものだからです。

 まずは「誠実さ」「真摯に向き合うこと」「配慮」、これらのような「心」や「意識」というものをしっかりと固めましょう

 たとえば、挨拶をするとき、あなたは「どのように」挨拶をしていますか?

 言葉で「いらっしゃいませ」「こんにちは」と伝えていても、お客さまの顔も見ていない挨拶はかえって失礼な印象を与えてしまいますよね。

 大切なことは、感謝と歓迎の気持ちを感じていただくことであり、「いらっしゃいませ」「こんにちは」という音を伝えることではありません。