《支給額》
・支給開始日(※)以前の連続した12ヵ月の各月の標準報酬月額(月収)平均÷30日×2/3=1日あたりの手当金(※支給開始日……最初に傷病手当金が支給された日)

 1日あたりの給付額は、休職する前の12ヵ月間の標準報酬月額(月収)の平均額を、30日で割った金額に3分の2をかけたものだ。会社から給料をもらっていても減額されて、この金額に満たない場合は差額を給付できる。

 就職してすぐに病気になって、休職までの期間が12ヵ月に満たない場合は、就職してから休職するまでの標準報酬月額の平均と、28万円(協会けんぽの場合。全加入者の標準報酬月額の平均)を比べて、少ない方の金額をもとにして1日あたりの給付額を計算する。

《支給期間》
・最初に傷病手当金を受給してから1年6ヵ月間

 ただし、支給期間の数え方には決まりがあり、病気やケガで休んだ最初の3日間は「待期」といってカウントされない。連続して3日休んだあとの4日目から、最長1年6ヵ月間の間に、実際に休業した日数だ。この1年6ヵ月の間に、途中で出勤した日は支給対象にならず、1年6ヵ月分の手当金をまるまるもらえるわけではない。

《支給要件》
・労務不能の状態
・休業の理由が、業務外の病気やケガの療養のため

 支給要件は、「労務不能の状態」なので、入院や通院をしていなくても、自宅療養でも対象になる。仕事をできない状態であるかどうかは、主治医が判断し、診断書で証明する。

 こうした要件を満たせば、会社員は傷病手当金の支給を受けられるが、公的な制度は「申請主義」に基づいて運営されており、給料のように自動的にお金を振り込んでくれるものではない。利用するためには、給付の対象となる人が自ら申請する必要がある。