日産がこの混乱から何らかの収穫を得るためには、幹部報酬の情報開示の大幅な改善に向けて日本企業の先頭に立つべきだ。