忘新年会で「ポイント爆貯め」ネット術
忘年会シーズン到来!予約も支払い決済もポイントの高還元率合戦が激化しているようだ(写真はイメージです) Photo:PIXTA

忘新年会シーズンを迎え、会社・仕事関係、あるいは友人・知人関係と宴会を考えていることだろう。近年、ネットからの予約サイトの利用者が増えていることもあり、各予約サイトはポイント付与に熱心のようだ。そこで今回はネットの予約サイトと決済にスポットをあて、ポイントを大きく貯めやすいサイトはどこなのか、それぞれ検証してみた。(消費経済ジャーナリスト 松崎のり子)

幹事を「やってもいい」人が増加
その理由は?

 このところ5%だのなんだのと、消費増税時のポイント還元話が盛り上がっているようだが、増税を待たずとも簡単にポイントを稼ぐ手段はある。しかも、とくに高額な支払いをしなくてもだ。そのキーワードが「宴会予約」。これからの忘年会や新年会シーズンに覚えておいて損はないし、憂鬱な店選びや幹事の苦労が報われるかもしれない。

 今年は「平成最後の忘年会」がキーワードのようだ。予約サイト「ぐるなび」の調査(2018年)によると、20代~60代男女に聞いた「平成最後の忘年会」の予算の平均は「職場・仕事関係の忘年会」で4179円。「プライベート」では4631円。最も金額が低い20代は、仕事関係で3506円、プライベートで3815円。逆に高いのは50代で、仕事関係4692円、プライベートが5206円。

 さまざまな世代が入り交じって参加する忘年会だと、予算に1000円以上の開きが出ることになり、幹事になった方も頭が痛いものだ。和食か中華かイタリアンか、コース料金は3000円台か4000円台までOKか、飲み放題はつけるべきか、そもそも場所はどのあたりが喜ばれるのか――等々と、難問が続出する。その際に、幹事が頼りにするのがネット予約サイトだ。