――それでも内製化が進まないのは、一体なぜでしょうか?

 1つは、コンピュータの歴史に原因があるのではないかと思っています。多くのSIerなどのIT企業がもともと販売していたのはハードウェアが中心で、高いマシンを購入すれば、SEが無料で常駐してシステムを組み上げるような時代がありました。ソフトウェアは無料で手に入る、そんなに難しいものではないと思い込んでいるせいで思考がずっと停止してしまっている恐れがあります。

 また、日本は失敗が許されない文化があり、前例主義でもあります。そうすると、ある人が内製化を役員に提案し、認められたとしても、失敗したら責任を負わされるかもしれません。そうすると楽なのは、前任者が依頼していた会社に依頼すること。それなら失敗してもベンダーのせいにできるからです。

 もちろん内製化していない企業の中にも、自社で必要な要件を定義し、RFP(提案依頼書)にのっとってコストやシステム内容をSIerに出してもらうような、設計の前段階までを主導するケースはあります。しかし、そこから仕様に落として設計・開発することに大きな差別化要因と価値があるからこそ、マイクロソフトやグーグルのような米国のハイテク企業は世界中から優秀なソフトウェアエンジニアを採用し、自らで全てを作っているのです。

 経営側がITの重要性を理解していないのも一因でしょう。先日、経団連会長が「メールを使い始めた」と話題になりましたが、それが話題になるくらい大企業のトップにはITの価値を理解していない人がまだ多くいます。社内のエンジニアを確保するにしても、意思決定者である経営側がそれにどれだけの価値があるかわからなければ、内製化は進みません。

日本企業系エンジニアの
外資系エンジニアとの決定的な違いは?

――外資系企業のエンジニアと日本企業のエンジニアにはどのような違いがありますか?

 少なくとも私が関わっていた外資系企業には、上司の命令どおりに、決められたスケジュールで動くだけのエンジニアはほとんどいませんでした。日本でリーダーシップというとマネジメントに近い形で考えられますが、外資系ではどんな若手でもリーダーシップを持っています。何かあったらどんどん自ら提案し、動いていますし、企画も要件もそのまま盲目的に信じるというより、必要に応じで修正や提案をします。