30万部を突破した『会話もメールも英語は3語で伝わります』の続編連載!英語は「主語→動詞→目的語」の3語でOK!

本連載では、「日本人にありがちな英語」と「3語の英語」を対比させ、「どこをどう考えれば、3語の英語になるのか」を徹底解説します。「3語の英語」の発想が身につくだけでなく、話すための英文法もインプットされます。

「日本人にありがちな英語」は間違っているわけではありません。しかし、「3語の英語」の発想を持つことで、もっと英語がラクになり、話すことが楽しくなります。

最新刊『英語は3語で伝わります【どんどん話せる練習英文100】』の著者である中山裕木子氏が、そのエッセンスをやさしく語ります。

日本旅館

旅館のシステムを外国人に説明すると?

 本日も「日本人にありがちな英語」を「3語の英語」に組み立て直す練習をしていきましょう。さっそくですが、次の日本語を英語にしてください。

「日本の旅館では夜に布団を敷いてくれます。お部屋で夕食をとることもできます」

直訳して次のような英文にしてしまいがちです。

× In a Japanese-style hotel called ryokan, futon bedding will be prepared for you at night. Also, dinner will be served in your guest room.

中山裕木子(なかやま・ゆきこ)
株式会社ユー・イングリッシュ 代表取締役。公益社団法人日本工業英語協会 理事・専任講師。英検1級・工業英検1級取得特許翻訳者
2000年、特許事務所で電子・電気、機械の特許明細書の日英翻訳を開始し、テクニカルライティングに出合う。2001年に工業英検1級取得。首位合格により文部科学大臣賞を受賞。2015年6月、TEDxKyotoUniversityでSimple English for Everyone (シンプル英語のススメ)と題したスピーチをする。気後れせずに皆が英語を使える日本を目指して、「伝わる英語を身に付ける」をモットーに、企業・大学などで指導を続ける。

 日本の旅館もユニークです。外国の方を案内したとき、「ベッドがない!」と驚いていました。また、ホテルのルームサービスと似て非なる「お部屋食」もユニークな経験だったようです。

「布団を敷いてくれる」はfuton bedding will be prepared...でも十分ですが、旅館の知識がない相手と話すときには、まずは「ベッドがない」ことを伝えてみましょう。「お部屋食」についても、dinner will be served(夕食が給仕される)と表すことも可能ですが、「人(旅館の人)」を主語にして、視点を変えて、組み立て直しましょう。ちなみに、serve(給仕する)は名詞「サービス(service)」の動詞形です。

「3語の英語」にしよう

(1)旅館 (2)持っている(3)ないベッド
(1)彼ら (2)準備する(3)布団 (あなたのために) (夜に)
(1)彼ら (2)給仕する(3)食事 (あなたの部屋で)

「準備する」はprepare、「給仕する」はserveを使います。簡単な動詞haveも使いましょう。

 Japanese-style hotels called ryokan have no beds.

They prepare futon bedding for you at night.

They also serve dinner in your guest room.

 They prepare futon bedding.に対してfor you(あなたのために)やat night(夜に)のように、前置詞を使った説明をつけ加えました。情報を足すことで、「3語の英語」に幅を持たせることができます。

 他にも、Tatami, or straw mats(たたみ=ワラのマット)やshoji, or Japanese paper on wooden frames(障子=木の枠に和紙を貼ったもの)などの言い換えを使って単語を説明できるようになりましょう。