年収1億円を継続するには、
年収1000万円の協力者を10人つくる

山下誠司(やました・せいじ)
(株)アースホールディングス取締役(株)サンクチュアリ代表取締役
日本最大級の240店舗を展開する美容室「EARTH(アース)」を運営する、(株)アースホールディングス取締役[スタッフ3000名、年商180億円]。うち70店舗をフランチャイズ展開する、(株)サンクチュアリ代表取締役も兼任。(株)サンクチュアリは、自社から輩出したフランチャイズ30社とともに、関東、甲信越、東海、北陸、北海道、福岡で展開[スタッフ900名、年商50億円]。1976年、静岡県生まれ。高校卒業後に上京し、19歳で年収180万円から美容師を始め、31歳で年収1億円を超える。19歳から23歳まで、ほぼ休みなく仕事をし、24歳から39歳までは、始発から終電まで365日、15年間、1日たりとも休みなく仕事。40歳からは、仕事と遊びの壁が、完全になくなる。愛車は、フェラーリ488スパイダー。趣味は「仕事」。

ところが、わずか2年後に、私の年収は5000万円まで落ち込んでしまったのです。「年収1億円」を継続する難しさを思い知らされ、再び、増田社長のもとを訪れました。

増田社長に指摘されたのは「協力者がいない」ということです。
「まず、年収1億円を超えるには、他人のために努力をすること。その次に、年収1億円であり続けるには、協力者をつくることが大切なのです。具体的にいうと、年収1000万円の協力者を社内外問わず10人つくらないといけません」

年収1000万円の協力者を「見つけてくる」のではありません。「つくる」のです。
自分が稼ぐだけでなく、まわりにも稼いでもらう。まわりの年収が上がるように手を貸すと、彼らも私に手を貸してくれるようになり、結果的に、自分の年収も1億円を継続的に超える、という理屈です。

美容室の場合、店長の年収を上げる条件は、店舗の売上を上げることです。私はそのために店長にアドバイスを送る。店長が年収1000万円もらえるくらい店舗の売上が上がれば、当然、オーナーである私の年収も上がることになります。

その後、再び、増田社長のアドバイスを即座に実行に移し、ほどなく、私の年収は1億円に回復しました。その後も、年収1000万円の協力者が10人揃っているときは、私の年収は1億円を割り込んでいません。
自分の力だけに頼らず、まわりの力を引き出して伸ばしていく。そのほうが年収は安定するのです。