2019年の自分のキャリアをどう考え、描いて、行動するのか。
働き方改革関連法案や副業解禁の会社やリモートワーカーの増加等、
会社員の働き方が大きく変わる2019年。
自身のキャリアを考えるのに最良のタイミングが今なのです。

前回は、これまでの「二者択一」(会社を辞めるか否か等)の「OR」ではなく、
「AND」キャリアという考え方を紹介しました。
今回は、より具体的に「AND」キャリアについてお伝えします。
「ライスワーク」と「ライフワーク」という2つの軸で、
自分のキャリアをとらえるという方法です。

さっそく書籍『「キャリア未来地図」の描き方』著者の2人(原尻淳一、千葉智之)による、新しいキャリアの描き方、その基本となる考え方についてお伝えします。(まとめ・編集部)

ライスワーク(Rice-Work)とライフワーク(Life-Work)
1.ライスワーク(Rice-Work) 2.ライフワーク(Life-Work)の2軸でキャリアを考える

「ライスワーク」と
「ライフワーク」

「AND」のキャリアを構成する要素は、いわゆる本業と、自分のやりたいことの2つです。

この2つをそれぞれ次のように名付けます。
1.ライスワーク(Rice-Work)
2.ライフワーク(Life-Work)

ライスワーク=ご飯を食べるための活動
ライフワーク=夢や自分の好きなことを追い求める活動、です。

ライスワークの一本道ではなく、ライフワークを持って、両方やる人生、キャリア。それが僕らの目指す「AND」キャリアです。

詳しく説明していきましょう。