「毎日、死んだかどうか確認しに来るんじゃないよ!」
 と怒りだしました。
「独りになりたくて家に帰ってきたのに、毎日来られたら落ち着かないじゃないか」とも。

 結局、3日後にまた来ます、ということで話が落ち着きました。

 そして、その3日後。
 訪問看護師さんが行ってみると、その方は亡くなられていたそうです。

 この方も、形の上では「孤独死」ですが、透析を断ってまで自分の望んだ場所で亡くなることができたのは、本人にとって幸せだったのではないでしょうか。

 いちがいに、孤独死=寂しいこと、不幸なこととは決めつけられないということです。