女性の夢を応援しているパパ活アプリ
写真はイメージです Photo:PIXTA

働き方改革やフリーランス志向から、自ら起業する“スタートアップ系女子”が増えている。いわゆる「キラキラ女子」を想像してしまうところだが、日本初の、「夢を追いかける若い女性」と「応援する男性」をマッチングするパパ活アプリ「paters」代表取締役CEO、日高亜由美さんの印象は真逆だ。日高さんは薄いメイクに眼鏡、シンプルなパーカー、柔和な笑顔。一般的な「パパ活」のイメージとは程遠く、いたってナチュラルな女性。そんな彼女がなぜ「パパ活」をビジネスにしようと思ったのか。その理由について聞いた。(ライター 横山 薫)

ローンチからわずか1年半あまりで
登録者数は30万人を超える

──日高さんは、2017年5月に日本初のパパ活アプリ「paters」(ペイターズ)をローンチされたわけですが、現在、登録者が30万人を超える勢いだそうですね。

日高 まさかこんなに大きくなるとは…とびっくりしています。

──日高さんは23歳で起業して、パパ活アプリの「paters」を作られたわけですが、昔から起業に対する意識が強かったんでしょうか。 

日高 いえ、全く。少しだけ私自身の経歴をお話すると、私はもともと鹿児島県の田舎出身で。10代の頃から音楽活動に夢中で、地元の高校に入学したはいいものの、「音楽で食べていきたい」と思って、17歳で高校を中退してしまったんですね。今思えば、すごく無謀だったなと思うんですが(笑)。結局、音楽の道はあきらめたものの、「自分の好きなことをしながら、お金を得る生活をしたいな」と思って、中学生の頃からフィルムカメラで写真を撮ったり、高校生の頃はカメラマンのアシスタントをしていたこともあり、18歳でフリーのカメラマンを目指して上京したんです。