食事やデート、セックスをする代わりに、定期的に「お小遣い」をもらえるパパ活。パパ活女性の多くが、「お金のため」と割り切っているようだが、今回話を聞いた女性がパパ活をする理由は少し違うようだ。(清談社 藤野ゆり)

厳格家庭で育った女性が
パパ活に走った意外なきっかけ

2時間食事をして1万円――パパ活女子・マイコさんが欲しいのはお金ではない。自分の「女としての価値」に値段がつくという事実が、マイコさんの承認欲求を埋めている(写真はイメージです) Photo:PIXTA

「若いうちに“女”という価値を、もっとフル活用しておくべきだったって後悔したこと、ありませんか」

 マイコさん(仮名、32歳)は、低めの声でこう呟いた。関西在住の彼女は現在OLをする傍ら、男性と月に1~2回食事をして、タクシー代という名目で1万円から1万5000円のお小遣いをもらっている。

 これまでの取材で出会ったパパ活女性たちは要領の良さや、屈託のなさを持っていたが、マイコさんは彼女たちとは異なるタイプだった。

「地味で真面目な学生でしたね。大学時代の門限は10時。当時、交際していた男性がいたのですが、学業の妨げになるから別れるように親には言われました。反発は、特にしなかったですね」

 両親の言いつけを守って堅実に日々を重ね、大学卒業後はOLとして、決して高いとは言えない給料で生活してきた。厳しい家庭で育ち、男性経験も少なかったというマイコさんが、パパ活に至ったのはなぜなのだろう。

 彼女が自身の「女としての価値」に疑問を持つきっかけになったのが、30歳の時に開かれた同窓会だ。

「同窓会で地元の人たちと久しぶりに集まったときでした。幼なじみに、何かの拍子に言われたんです。『なんで若いうちにもっと女をフル活用しなかったの?もったいない』って。バカにされた口調で。その一言がきっかけで、自分には『女としての価値』がないのかなって思い始めました」