男女比は3:7で
女性が多数

── 一般的な出会い系サイトなどだと、男性比率が高いところが多いですが、「paters」を使用している人はどんな人が多いんでしょうか。

日高 全体の登録者でいえば、男女比は3:7で女性のほうが多いです。さらにいうと、女性の登録者のうち、約80%が18歳から24歳。業種としては大学生が多いですね。パパ活をやっている子は派手な子が多いんじゃないかと思われがちですが、案外、どこにでもいるような普通の女の子が多い傾向にあります。

 一方の男性登録者は、経営者や外資系企業に勤められている方、医師や士業の方が多いですね。年収でいうと2000万~3000万円以上です。マストではありませんが、オプションで収入証明を提示することもできます。

──かなり高年収の人が多いんですね。

日高 なかには「年収3億円以上」という方もいらっしゃいますよ。ほかにも大手企業の幹部だったりと、社会的な地位を確立している方が多いですね。だから、個人情報が流出しないように、セキュリティには万全の体制を整えています。

──最後に今後の目標を教えてください。

日高 「経済的理由で夢をつかめない人が少しでも減る状況」を作りたいです。今、日本は格差社会が進んでいて、経済的な要因に邪魔されて、自分の力で夢を手に入らない人が非常に増えていますよね。でも、もしもそうした人々の抱える問題がパパ活で解決できるなら、解決するべきだと思うんです。

 世間で「パパ活」のイメージは悪いですが、私の実体験からすると、純粋な気持ちから「この子には頑張ってもらいたいな」「この子なら応援したいな」と思っている男性は案外多いんじゃないかなと思っています。

 現在「paters」は登録者数が30万人ですが、今後は100万人まで伸ばしていきたいと考えています。そのくらい普及すれば、「パパ活」というキーワードがネガティブなものではなく、「いろんな人が均等な機会をもらって、夢をつかむための手段」だと思ってもらえるんじゃないかなと。「パパ活」を通じて、自分の経済状況やバックグラウンド、今の環境に左右されないで、誰もが自分の夢を追いかけられる世界になってほしいなと思っています。