中国深セン
Photo:PIXTA

 中国経済減速の底が見えない。1月21日に発表された中国の2018年のGDP(国内総生産)成長率は前年比6.6%と目標の6.5%前後は上回ったものの、28年ぶりの低水準にとどまった。

 四半期ベースで見ても、18年10~12月期は、前年同期比6.4%と7~9月期の6.5%を下回り、同率だった09年1~3月期以来約10年ぶりの低い伸びだ。

 年初の世界的な株価下落の契機となった米アップルの業績の下方修正や、日本電産の業績の下方修正はいずれも中国経済の急速な冷え込みが原因だが、それを裏付けるGDPの結果となった。