日本代表ゴールキーパー権田修一選手
Photo:AP/AFLO

UAE(アラブ首長国連邦)で開催されていた4年に一度のアジアカップは、森保ジャパンの無念の準優勝で幕を閉じた。決勝では次回ワールドカップ開催国のカタール代表に完敗を喫した今大会は、1998年以降の日本代表の歴史の中で、川口能活、楢崎正剛、川島永嗣以外の守護神が初めてゴールマウスを守った国際大会でもあった。レジェンドたちからバトンを受け取った権田修一は、決勝直前にポルティモネンセSC(ポルトガル)への完全移籍が発表されている。30歳になる直前に、レギュラーが約束されたサガン鳥栖をあえて飛び出した思いに迫った。(ノンフィクションライター 藤江直人)

12歳で憧れた川口能活という存在

 日本代表という普遍的な存在を触媒とする形で、権田修一は海外でプレーする夢を追いかけ続けてきた。記憶をさかのぼれば、最初はFC東京U-15に加入して約半年が過ぎた2001年の秋。憧憬の思いを注いでいた川口能活が、イングランド2部のポーツマスFCへ移籍した直後だった。

 権田は1989年の早生まれだから、当時はまだ12歳だった。それでも、1996年のアトランタ五輪で王国ブラジル代表を撃破する「マイアミの軌跡」の立役者の一人となり、1998年のフランス大会では日本代表を悲願のワールドカップ初出場に導いた若き守護神の勇姿に魅せられた。