SNSのアイコンPhoto:iStock/gettyimages

 過去の足跡を詳しく分析する必要があるのは政治家だけではない。

 企業幹部や経営者も、若いときの写真や音声記録、文書の中に不快感を与え、白日の下にさらされかねないものの存在を確かめておくことが賢明だ。キャリアコーチや危機管理の専門家はこう助言する。

 米バージニア州のラルフ・ノーサム知事を取り巻くスキャンダルは、古い卒業アルバムが単に本棚でほこりをかぶるだけでは済まないことを物語っている。フェイスブックやツイッターの登場前に撮った写真がたやすくウェブに投稿され、拡散する場合があるのだ。

 ノーサム氏が20代半ばだった1984年に制作された医大の卒業アルバムの同氏のページには、顔を黒く塗った人物と白人至上主義団体「クー・クラックス・クラン(KKK)」の衣装を着た人物が並んだ写真が掲載されていた。

 昨年秋には、米連邦最高裁判事に指名されたブレット・カバノー氏の高校の卒業アルバムに大きな注目が集まった。カバノー氏が性的暴行疑惑を巡り上院司法委員会で証言した際、同氏のアルバムのページに掲載された言葉が議論の的になったためだ。ふしだらな行為のことだと一部で指摘された「boofing」や「Devil’s Triangle」などの表現について、カバノー氏はそれぞれガスによる腹部の膨張と酒席でのゲームを指す無害な言い回しだと説明した。俗語辞典はいずれも性的行為と定義している。