真言宗の尼僧である悟東あすか氏は、幼い頃から「見えない存在」を感じ取っていたが、そのことで生き辛さを感じ、得度した際にお大師さまに祈って以来は霊感的に何かを見ることはなくなり、そして徐々に祈る時にご神仏からのメッセージを受け取れるようになったという。
このたび刊行された『神さま仏さまが教えてくれた迷いをすっきり消す方法』では、そんな悟東氏のもとに時々寄せられる、悩みを抱える人からの相談に対して、ご神仏から授かった答えやメッセージの一部を紹介しつつ、ご神仏のメッセージは誰もが受け取れるものだと教えくれている。それを読むと、「神さま仏さまなんて、いるわけない!」と思い込んでいる人でもいつしか、「神さま、仏さまに祈ってみよう!」という気にさせ、仏教をもっと知りたくなってしまうはず!

なぜ叶わない願いがあるのか?

悟東あすか
悟東あすか(ごとう・あすか)
高野山真言宗尼僧であり、漫画家
幼い頃から「見えないもの」の存在を感じ、それに悩まされることもあったが、得度した時にお大師さまに願うこ とで、以後は祈る時にだけ感じられるようになり、現在に至る。
尼僧としては、1984年、高野山別格本山西禅院徒弟として得度。受明灌頂授了。2006年、高野山大学加行道場大菩 提院にて加行成満。同年伝法灌頂授了。2007~2009年、高野山大学にて中院流一流伝授授了。漫画家としては、 1989年に集英社少年ジャンプ第30回赤塚賞準入選。同年週刊少年ジャンプ夏期増刊号にてデビュー。
Photo by 松島和彦

 これまでご紹介してきたエピソードを読んで、「ご神仏のメッセージを受け取れるのは、僧侶だからでしょ」「特別な力がないと無理だろう」と思うかもしれませんが、そうではありません。

 ご神仏の救いの手は、誰ひとり漏らしません。

 これは、ご神仏とのおつきあいの中で一番忘れてはならない部分です。

 私たちはすぐ他人と比べて、「あの人は素早く願いが叶ったのに、なぜ私はまだなんだろう。私は守られていないのだろうか」と考えがちですが、ご神仏は人間には計り知ることができない大きなスケールで、物事を采配していらっしゃるのです。

 たとえば、ある人がAというお願い事をしたら、ご神仏はそこから派生するさまざまな側面を思いはかります。そして、その人の人生が真の意味で開けるように、縁をつないだり、メッセージを送ったり、一連の出来事を起こしたりします。

 しかし、人間はせっかちですから、「Aを願ったのに全然叶わない」と感じてしまいます。
 ところが本当は、Aそのものではなく、もっと大きな部分が動き始めていて、紆余曲折はあるものの思いもかけなかった方向に人生が進み、結果的に願ったよりも何倍も素晴らしい形でAが叶った、ということもあるのです。

 欲や執着、不安や焦りなど、さまざま感情に惑わされる私たちの視点が、地上を這うように進むアリの高さだとしたら、ご神仏の視点は、上からアリを見下ろす人間の視点だと思ってください。

 上から見ていると、アリの行く先に障害物があれば、回り道をしないと目的地にたどり着けないことがわかります。
 そんな時、ご神仏は私たちの願いを最終的に叶えるために、いったんは遠回りさせるような采配をふるうこともあるのです。
 ですから、ご神仏にお願いした後は、どんな展開が起きても、それをそのまま受け取る覚悟が大切なのです。

 もう少し具体的にお話ししましょう。