真言宗の尼僧である悟東あすか氏は、幼い頃から「見えない存在」を感じ取っていたが、そのことで生き辛さを感じ、得度した際にお大師さまに祈って以来は霊感的に何かを見ることはなくなり、そして徐々に祈る時にご神仏からのメッセージを受け取れるようになったという。
このたび刊行された『神さま仏さまが教えてくれた迷いをすっきり消す方法』では、そんな悟東氏のもとに時々寄せられる、悩みを抱える人からの相談に対して、ご神仏から授かった答えやメッセージの一部を紹介しつつ、ご神仏のメッセージは誰もが受け取れるものだと教えくれている。それを読むと、「神さま仏さまなんて、いるわけない!」と思い込んでいる人でもいつしか、「神さま、仏さまに祈ってみよう!」という気にさせ、仏教をもっと知りたくなってしまうはず!

あなたに送られた
メッセージの読み解き方

悟東あすか
悟東あすか(ごとう・あすか)
高野山真言宗尼僧であり、漫画家
幼い頃から「見えないもの」の存在を感じ、それに悩まされることもあったが、得度した時にお大師さまに願うことで、以後は祈る時にだけ感じられるようになり、現在に至る。
尼僧としては、1984年、高野山別格本山西禅院徒弟として得度。受明灌頂授了。2006年、高野山大学加行道場大菩提院にて加行成満。同年伝法灌頂授了。2007~2009年、高野山大学にて中院流一流伝授授了。漫画家としては、1989年に集英社少年ジャンプ第30回赤塚賞準入選。同年週刊少年ジャンプ夏期増刊号にてデビュー。
Photo by 松島和彦

 ご神仏は、どんな時も私たちを見捨てることはなく、手を差し伸べてくださっています。 神さまや仏さまは、いつも私たちを不思議な力で守り、導いているのです。そう聞いて、あなたは正直なところ、次のように感じるかもしれません。

「そうかもしれないけど、実感がない」
「お寺や神社を巡るとご神仏の存在を感じることもあるが、ふだんはわからない」
「ご神仏がいるなら、なぜその存在に気づけないのだろう」

 しかし、不思議な導きは、いつも身近で起きているものです。

 たとえば先日、私があわてて外出しようとしていたところ、部屋で物につまずいて我に返り、ふとカレンダーを見たら、日にちを間違えていたということがありました。 それで私は、日々の忙しさに翻弄され、落ち着いて物事に取り組む丁寧さを忘れていたことに気づいたのでした。

 そして、こんな小さな出来事でさえ、ご神仏が何かを教えようとしてくれているのだとありがたく思いました。

 もし毎日気を張ってがんばっているとしたら、心がふっとゆるんで楽になるように、日々悩んでいるとしたら解決のための糸口になるように、ご神仏はいつでも私たちに働きかけ、メッセージを送ってくれているのです。

 では、日常生活の中に、どんなメッセージがあるでしょうか。時として「自然が説法する」ということもあります。

 ご神仏は「自然」を使ってあなたにメッセージを送るのです。

 その一例をご紹介しましょう。