真言宗の尼僧である悟東あすか氏は、幼い頃から「見えない存在」を感じ取っていたが、そのことで生き辛さを感じ、得度した際にお大師さまに祈って以来は霊感的に何かを見ることはなくなり、そして徐々に祈る時にご神仏からのメッセージを受け取れるようになったという。
このたび刊行された『神さま仏さまが教えてくれた迷いをすっきり消す方法』では、そんな悟東氏のもとに時々寄せられる、悩みを抱える人からの相談に対して、ご神仏から授かった答えやメッセージの一部を紹介しつつ、ご神仏のメッセージは誰もが受け取れるものだと教えくれている。それを読むと、「神さま仏さまなんて、いるわけない!」と思い込んでいる人でもいつしか、「神さま、仏さまに祈ってみよう!」という気にさせ、仏教をもっと知りたくなってしまうはず!

嫌なこと、不快な思いは
あなたに気づいてほしいことがある

悟東あすか
悟東あすか(ごとう・あすか)
高野山真言宗尼僧であり、漫画家
幼い頃から「見えないもの」の存在を感じ、それに悩まされることもあったが、得度した時にお大師さまに願うこ とで、以後は祈る時にだけ感じられるようになり、現在に至る。
尼僧としては、1984年、高野山別格本山西禅院徒弟として得度。受明灌頂授了。2006年、高野山大学加行道場大菩 提院にて加行成満。同年伝法灌頂授了。2007~2009年、高野山大学にて中院流一流伝授授了。漫画家としては、 1989年に集英社少年ジャンプ第30回赤塚賞準入選。同年週刊少年ジャンプ夏期増刊号にてデビュー。
Photo by 松島和彦

 僧侶としてさまざまな方と接していると、どんなことが起きたとしても、そこにご神仏の力が働いていると実感する場面がたくさんあります。
 私自身も、

「ああ、仏さまは私のことを見てくださっていたから、あの時、あの出来事を起こしてくださったんだな」

 と思うことばかりです。

 実は、ご神仏からのメッセージは、あなたのもとにいつでも届いています。
 なのに、「自分にはわからない」「私に聞こえるわけがない」というかたくなな思い込みが、あなたの耳や目を曇らせている可能性が高いのです。

 ご神仏からのメッセージにまったく気づかなかったり、あるいは、気づいても拒否したりしていると、ご神仏は「強硬手段」に出る場合もあります。
 たとえば、勤めていた会社が倒産したり、仕事が頭打ちになったり、病気になったりして、今までとは違う道を進まざるを得ないように取りはからうのです。

 突然のアクシデントやトラブルは、とても大きなメッセージを含んでいます。
 今後の人生の大きな転換点が隠されていると言ってもいいでしょう。
 不測の事態が起きた時は、そのメッセージに気づくようにご神仏があえて教えてくださっていると思ってください。
 その問題がご神仏のはからいだと気づかないと、行くべき道ではないところにそれてしまう恐れもあります。
 ですから、どんな時も絶望したり自暴自棄になったりしないでください。
 嫌なことやアクシデントは、自分の人生の方向性にまだ気づいていないというメッセージです。
 方向が定まれば、ご神仏や周囲の助けを受けてどんどん前進していけるでしょう。

 感情面についても、同じことが言えます。
 ずっと気分がふさいでいたり、不安や焦り、怒りが続いたりする時は、進むべき道が本来のものとずれているというメッセージです。
 我慢をせず、自分が進みたい方向に人生を切り換える思い切りのよさも大切です。

 たとえば、「今の仕事が楽しくない」と思うのであれば、自分が本当に生かされる道に向かっていないとご神仏が教えているのかもしれません。
 また、なれ合いで続けてきた人間関係が苦しいと感じるのなら、そろそろ人づきあいを見直す時期だということかもしれません。

 特に、気分の落ち込みが続く場合は、
「自分の正直な気持ちを踏みにじる生活をしているのではないか」
 とご神仏に言われている可能性があります。