ドリンクチケットを探して
金券ショップへ行ってみた

 以前には、先に挙げたようなコーヒーチェーンでもドリンクチケットを扱っていたが、最近はすっかり見かけない。しかし、ドトール及びエクセルシオールカフェで使えるドリンクチケットは存在する。

 例えば、正月に売られるショップの福袋に入っている。ただし、有効期間ありで、筆者の手元にあるのは2018年12月17日から2019年2月28日までの約2ヵ月半となっている。こうしたチケットを見ると、「金券ショップに並んでいるのではないか?」と考え、足を運んでみた。

 結論から言えば、金券ショップを10件以上回ったが、残念ながらドリンクチケットの販売は見つからなかった。流通量だけでなく有効期間が短いこともあるだろう。ただし、収穫もあった。ごくわずかではあるが、コーヒーチェーンで使える金券が見つかったからだ。

 1つは株主優待券。銀座ルノアールの優待券は500円券が470円で販売されていた。喫茶室ルノアール(*)をはじめ、カフェ・ミヤマ、カフェ・ルノアールなどで利用できる。

 また、東和フードサービスの株主優待券も500円分が450円で並んでいた。椿屋珈琲、椿屋カフェなどで使える。10%引きで入手できるのは、なかなかありがたい。

 ただし、いずれもかなり数が少ない。これらの店の利用者なら見つけた時にまとめ買いする方がいいだろう(優待券には有効期限があるので注意をしてほしい)。

 株主優待で、無理やりコーヒーを飲むとすれば、外食チェーンだ。すかいらーく、デニーズ、サイゼリヤ、マクドナルドあたりが揃っている。ただし、釣りが出ない金券であり、コーヒーだけに使うのはもったいない。ランチなどと組み合わせるほうがよさそうだ。

 こうした優待券も、だいたいが額面の20~50円引き。この程度で節約効果を感じられるかどうかは、あなた次第だ。

 話をコーヒーに戻そう。意外に扱いが多かったのは、スタバのギフト券。ギフト券といっても、先述した「スターバックスカード」に残高をチャージしてあるものだ。残高1000円が950円で売られているのを多く見かけた。残高1000円以上のカードもあったので、ヘビーユーザーはのぞいてみるのもいいかもしれない。

 とはいえ、どれも金額ベース。値段に関係なくコーヒー1杯と引き換えできるチケットはないのだろうか。

*ルノアールにもプリカはある。詳細はこちら