収入は養育費を合わせて
47万円でも赤字に

 とはいえ、やったことがない家事はもちろん、お金のやり繰りまでやらなければならなくなり、戸惑っています。そのため、毎月の収支は赤字、それに気付くのも数ヵ月たった後という有り様。今後の生活が不安になり、家計相談に来たといいます。

 離婚するまでは共働きだったので、収入は2人合わせて月80万円ほど。家計のやりくりは主に元妻がやっていましたが、そこそこの収入があったため、基本的には自由に使い、節約など意識したことはありませんでした。

 2人の子どもを私立の中学校に通わせており、食事も総菜や外食が中心で毎月10万円を超えています。洋服や日用品についても相場が分からず、「デパートで買えば間違いない」と考えて、いつもデパートで購入していました。

 こんな調子ですから、Mさん自身の手取り収入は月43万円、養育費を合わせて47万円の収入があるのにもかかわらず、支出は50万円を超えて赤字に陥っていました。

 元妻と相手の男性からの慰謝料には手を付けずに貯めていますが、妻からもらう4万円の養育費は、子どもの生活費の一部として使っています。その結果、貯蓄は、手をつけていない元妻からの慰謝料を含めて350万円ほどです。

「まあこのくらいあれば」と安心していましたが、近い将来、2人の子どもの受験や進学に伴う費用が必要になります。となると、「350万円だけでは足りないかもしれない」と思い始め、奨学金や教育ローンなどが気になり始めたといいます。

 しかし、Mさんには「その前にできることがあります」と申し上げました。家計の見直しです。そして、中学生の子どもたちにも、家事や家計のやりくりを少し手伝ってもらうことも必要です。子どもたちは大変でしょうが、生活やお金のことについて考えてもらういい機会でもあるからです。

 そうした取り組みがうまくいき、家計的に余裕が出た段階で、改めて教育ローンなどを検討してみてはどうかとアドバイスしました。