真言宗の尼僧である悟東あすか氏は、幼い頃から「見えない存在」を感じ取っていたが、そのことで生き辛さを感じ、得度した際にお大師さまに祈って以来は霊感的に何かを見ることはなくなり、そして徐々に祈る時にご神仏からのメッセージを受け取れるようになったという。
このたび刊行された『神さま仏さまが教えてくれた迷いをすっきり消す方法』では、そんな悟東氏のもとに時々寄せられる、悩みを抱える人からの相談に対して、ご神仏から授かった答えやメッセージの一部を紹介しつつ、ご神仏のメッセージは誰もが受け取れるものだと教えくれている。それを読むと、「神さま仏さまなんて、いるわけない!」と思い込んでいる人でもいつしか、「神さま、仏さまに祈ってみよう!」という気にさせ、仏教をもっと知りたくなってしまうはず!
今回は、悟東氏のもとに寄せられたさまざまな相談の中から、恋愛に関する「ご縁」についてご神仏のお答えとともに紹介します。現在、よく似たお悩みをお持ちの方は何らかの参考にしていただけますと幸いです。

結婚したいのにいい出会いがない…
人の縁は結べばいいというものではない

悟東あすか
悟東あすか(ごとう・あすか)
高野山真言宗尼僧であり、漫画家
幼い頃から「見えないもの」の存在を感じ、それに悩まされることもあったが、得度した時にお大師さまに願うことで、以後は祈る時にだけ感じられるようになり、現在に至る。
尼僧としては、1984年、高野山別格本山西禅院徒弟として得度。受明灌頂授了。2006年、高野山大学加行道場大菩提院にて加行成満。同年伝法灌頂授了。2007~2009年、高野山大学にて中院流一流伝授授了。漫画家としては、1989年に集英社少年ジャンプ第30回赤塚賞準入選。同年週刊少年ジャンプ夏期増刊号にてデビュー。
Photo by 松島和彦

「結婚したいのに、いい出会いがない」
 このような相談には、普通は出会いの機会を増やしたり、友人知人にいい人を紹介してもらいますが、私は、この分野を得意とする愛染明王さま、弁財天さま(弁天さま)、稲荷大明神さま(お稲荷さま)の中から、その人と相性のよさそうなご神仏を紹介してお祈りしてもらっています。

 天部のご神仏である弁財天さまには失礼をしてはいけないので、一度お祈りに行くだけで、願いが叶ってもお礼参りに行かない、というような人にはすすめられません。しかし、お礼参りがちゃんとできる方には、弁財天さまへのお参りとお祈りをおすすめします。