5GPhoto:Reuters

 「5G」スマートフォンがやってくる、らしい。

 米国の消費者は今後数カ月のうちに、次世代通信規格「5G(第5世代)」に対応したスマホを初めて購入できるようになる。大型スクリーンや高性能カメラといった機能を備えた製品が多いようだ。

 だが消費者は1000ドルを超える出費を余儀なくされるだろう。しかも、それでモバイル生活が瞬時に変わる保証はない。

大きな長所と短所

 近く5Gが提供するはずの超高速アクセスを利用できない消費者が多いとみられる原因は2つある。1つは対象範囲が限られていることだ。

 米国の4大通信会社(AT&T、ベライゾン・コミュニケーションズ、TモバイルUS、スプリント)はいずれも、今年5Gを展開する計画を発表済みだ。だがその対象は国のごく一部にすぎず、ロサンゼルス、シカゴ、アトランタといった一部の大都市に限られている。全米での展開には数年かかるとみられる。