桜蔭・雙葉・豊島岡女子・渋谷幕張…。東京・吉祥寺の進学塾VAMOSは、「入塾テストなし・先着順」で生徒を選抜しないのに有名難関校に続々合格させる と話題の塾だ。男女別カリキュラムを取り入れたロジカルで科学的な学習法は、保護者から圧倒的な支持を集めている。本連載では、VAMOSの学習メソッド が凝縮された最新刊『女の子の学力の伸ばし方』(ダイヤモンド社)の内容から、子どもの計画・理解・反復・習慣のプロセスを体系化した「女の子の特性」に基づく学習法をお伝えしていく。

Photo: Adobe Stock

多めの成功の中に、ちょっとだけ失敗を混ぜ込む

 女の子は、普段から「なるべく失敗しないように」気をつけながら生きています。だから、失敗してしまったときに「なんで?」というショックが大きくなる傾向があります。

 女の子が失敗したときのダメージは、男の子の4倍くらい。逆に、成功したときの満足感は、男の子の4分の1くらいしかありません。だから、女の子には、失敗の4倍くらいの成功を与えてあげる必要があります。

 20の失敗で80の成功を得られるくらいでちょうどいいのです。ただ、失敗させないようにと周囲が気を遣いすぎては、トライ&エラーの機会が持てないまま大人になってしまいます。

 失敗せずに大人になった女性は、本当にちょっとしたことで自滅していきます。女の子ならではのナイーブさには充分に注意しながらも、早い時期からトライ&エラーを経験させて、その失敗と向き合えるようにフォローしてあげてください。