オーナーの反乱に揺れるセブンで 古屋社長の“代打”が語った対応策
Photo:DOL

元々予定されていた3月6日の講演を“都合により”急きょ欠席したセブン‐イレブン・ジャパンの古屋一樹社長。オーナーが24時間営業の見直しなどを訴える中、代わって登壇した幹部が「語ったこと」と「語らなかったこと」から、セブンの今後の対応を占う。(「週刊ダイヤモンド」編集部 岡田 悟)

「セブン‐イレブンとフランチャイズの歩み」――。3月6日から東京都江東区の東京ビッグサイトで始まった「フランチャイズショー2019」(日本経済新聞社主催)のオープニングセミナーに6日、冒頭のテーマで講演する予定だったセブン‐イレブン・ジャパン(SEJ)の古屋一樹社長は、当日になって会場で「ご都合により」欠席とアナウンスされ、参加者から「え?!」との声が漏れた。

 無理もない。大阪府東大阪市で、本部とのフランチャイズ(FC)契約でセブン‐イレブンを営んでいるオーナーが、深夜営業の中止を決断。本部側から、契約違反であるとして違約金の支払いを求められたと訴えるなど、対立している。