いま、あらゆる業種の採用担当者が、ビデオゲームで遊んだりゲームを作ったりした経歴のある求職者を歓迎している。