体重管理に成功する人は、
失敗する人と何が違うのか

 食事はバランスが大事で、具体的な食品や栄養素を気にするのは、3大栄養素をちゃんと取れて、体重マネジメントができた人の次の段階。そう思いつつも、やはり「何を食べればいいか」を知りたがる方が少なからずいるのも事実。今、菅原さんが注目しているのはカカオポリフェノールです。

「『おすすめは?』って聞かれても、それが野菜や摂取しにくいものだったらあまり意味がないと思うんだけれど、カカオポリフェノールに関してはチョコレートに入っていますし、それならできると思える人がいますよね。実際、カカオポリフェノールは認知機能の改善、動脈硬化の改善、高血圧の改善などのエビデンスも出てきています。カカオ成分が70%以上のものは血糖値が上がらないから、仕事中に食べてもデメリットはないですよね」

 加えて、基本的には食べすぎないことを大事にしている菅原先生も取っているというサプリはEPAとDHA。動脈硬化が専門なので、勉強すればするほどオメガ3を取りたいと思うようになったといいます。

 肌質改善にもなるので女性にもおすすめですが、買うときのポイントは含有量と値段とのバランスを見ること。そして、サプリはあくまでも栄養補助食品だから、ちゃんと食事からも取るのが大前提で、食事でも好き嫌いはあるから足りないものは補助するという考えです。

「サバ缶がブームになるのも当然。こうしたものが売れるのはいいことだよね」

 伝える側だからこそ、自分のこともしっかり管理をするという菅原さんは、間違いなく実年齢より若く見える方。

「若く見えるポイントは体形と姿勢。根底にモテたいっていう意識も大事ですよね。僕は上背がある方ではないという劣等感があって、猫背だと小さく見えると思って姿勢には気をつけています。筋トレもできたらいいけれど、やっぱり普段からの体重管理が大事です」

 そして、体重管理に成功する患者さんの多くは、人生の目標ややりたいことが明確だといいます。「良いことだとしても、足し算しすぎると軸がブレがち。目的から逆算して、やることを引き算しすぎるくらいがちょうどいい」と話す菅原さんも、明確な人生目標を持っているからこそ、心身ともに健やかに、エネルギッシュな毎日を過ごされているのかもしれません。

(栄養士・食事カウンセラー 笠井奈津子)