30万部を突破した『会話もメールも英語は3語で伝わります』の続編連載!英語は「主語→動詞→目的語」の3語でOK!

本連載では、「日本人にありがちな英語」と「3語の英語」を対比させ、「どこをどう考えれば、3語の英語になるのか」を徹底解説します。「3語の英語」の発想が身につくだけでなく、話すための英文法もインプットされます。

「日本人にありがちな英語」は間違っているわけではありません。しかし、「3語の英語」の発想を持つことで、もっと英語がラクになり、話すことが楽しくなります。

最新刊『英語は3語で伝わります【どんどん話せる練習英文100】』の著者である中山裕木子氏が、そのエッセンスをやさしく語ります。

相手の言っていることを確認したいときは?

 本日も「日本人にありがちな英語」を「3語の英語」に組み立て直す練習をしていきましょう。さっそくですが、次の日本語を英語にしてください。

「1人5000円ということですね」

 確認するから「OK」を使って、次のような英文にしてしまいがちです。

× 5000 yen per person, OK?

中山裕木子(なかやま・ゆきこ)
株式会社ユー・イングリッシュ 代表取締役。公益社団法人日本工業英語協会 理事・専任講師。英検1級・工業英検1級取得特許翻訳者
2000年、特許事務所で電子・電気、機械の特許明細書の日英翻訳を開始し、テクニカルライティングに出合う。2001年に工業英検1級取得。首位合格により文部科学大臣賞を受賞。2015年6月、TEDxKyotoUniversityでSimple English for Everyone (シンプル英語のススメ)と題したスピーチをする。気後れせずに皆が英語を使える日本を目指して、「伝わる英語を身に付ける」をモットーに、企業・大学などで指導を続ける。

「~ということですね?」と確認したい状況は多々あるでしょう。話しているうちにわからなくなった。複雑な話になってしまったというときです。

 単語だけを並べて「OK?」と聞いてしまうと、ブロークンな英語になります。

 OKは形容詞の役割を果たしますので、Is that OK?やIs that all right?(いずれも「これで大丈夫?」)やIs that right?(これ正しい?)と聞けば、正式な英語となります。主語と動詞を使うだけで、正しく文を組み立てられるのです。

 さて、「1人5000円ですね」と具体的に確認するとき、5000 yen per person, is that right?ですと、前半の部分が名詞だけになってしまい、まだブロークンです。ちなみにper personは「1人あたり」という意味です。

 話している最中にこまめに確認していく表現を、ここでは練習します。「~ということですか」を組み立てます。

「3語の英語」にしよう

(1)あなた (2)意味する (3)1人5000円 (疑問文)

 動詞mean(~を意味する)を使います。「どういうこと?」も合わせて練習しておきます。

 Do you mean 5000 yen per person?

 相手の話の内容を確認するときの便利な表現です。詳しく聞けない場合にも、What do you mean?(あなたの言っている意味を教えて)が使えます。

 加えて、What does that mean?(それ、どういう意味?)とWhat do you mean by...?(~はどういう意味?)も合わせて使えるようにしておきましょう。

 by...?には確認したい言葉を入れます。なお、meanに慣れると、I mean, という表現を使いたくなることがあるかもしれません。「ええっと」といったつなぎ言葉としてです。

 しかし、I mean, I mean, と話の随所に連発すると、聞きとりにくくなりますので多用は控えましょう。最後に「mean」を使った例文をご紹介します。

• Do you mean 10 in total?(全部で10個<10人>という意味ですね)
• Do you mean he will join us tomorrow?
(明日は彼が参加するという意味ですね?)
• What do you mean?(どういうことですか)