アップルが披露した各種サービスは結局、同社の熱烈なファンの献身度を試すだけかもしれない。