セブン‐イレブン・ジャパンの永松文彦新社長 Photo by Yoko Suzuki

24時間営業は死守したいという本音が“見え見え”。それどころか、注目の新社長自身が、深夜閉店の実験の目的はそのデメリットを明確にすることだと記者会見で認めてしまった――。国内コンビニエンスストア最大手、セブン‐イレブン・ジャパンの突然の社長交代劇は、現状維持に汲々とする同社の姿勢を見せつけた。(ダイヤモンド編集部 岡田 悟)

 唐突の感を拭えないセブン‐イレブン・ジャパン(SEJ)の社長交代劇。24時間営業問題などで大揺れの同社が大変革に乗り出すと見る向きもあるが、期待しない方がいい。

 古屋一樹前SEJ社長に代わって4月8日付で昇格するのは永松文彦副社長だ。入社以来、フライチャイズ契約先の加盟店対応に当たるオペレーション部門を歩んだ。2014年からは、親会社のセブン&アイ・ホールディングス(HD)傘下のカタログ通販会社・ニッセンに副社長として出向し、立て直しに成功。その後はHD人事本部長として社員の「働き方改革」に取り組んだ。だから、「労務管理にも精通している」というのが井阪隆一HD社長の見解だ。

 4日の記者会見で、井阪氏は永松氏について、「加盟店オーナーの悩みにこたえられる十分な資質を持っている」と持ち上げた。