若い世代にアドバイス
若い世代にアドバイスしたりするときに心に留めなければいけないことが沢山あるようだ(写真はイメージです) Photo:PIXTA

良かれと思って教えたのに……

 筆者も気づけば30代後半になり、後輩からアドバイスを求められる機会が増えてきた。同じ年代や年上の会社員の方なら、日頃の業務で若い社員に指導、助言することも多いはずだ。

 しかし、最近では「マウンティング」「老害」などといった言葉が、一般に浸透している。相手をバカにしたり、萎縮させたりする目的で行うのは論外だが、良かれと思って伝えたアドバイスでも、伝えようによっては上から目線だととらえられてしまうこともある。実際に、筆者の周囲には「教え方」に悩む同世代や先輩もいる。「若いうちは、こういうことをやったほうがいいよ」というアドバイスも、場合によってはマウンティングとして、相手に不快感を覚えさせてしまうことにもなる。

 果たして、どのような伝え方や振る舞いが、マウンティング、老害ととらえられてしまうのだろうか。今回は、会社や仕事上の関係にしぼって考えていきたい。