シニア転職
実力と実績があれば、50代でも転職できる時代です Photo:PIXTA

中高年での転職に不安を覚えるなら
生活の「損益分岐点」を確認せよ

「35歳転職限界説」は昔話となり、転職市場では35歳以上はもちろん40代、50代の転職も珍しくなくなりました。ただ、それでもこの世代には転職に際し強い不安を感じている人もいます。

「40歳を超えて転職で失敗したらもうやり直せないのではないか……」

 特にこれまで転職経験がない人は、そんな不安を抱きやすいのかもしれません。まして50歳を超えていたら……。しかし結論から言えば、十分やり直せます。まったく問題はありません。

 実例を紹介しましょう。50歳を超えてオーナー企業へ転職した方がいました。しかし入社してみるとオーナーは想像していた以上に気性の激しい人物でした。この方は業務でオーナーと衝突してしまい、1年もたたないうちに役職と給与を大幅に落とされてしまいました。

「脱出したい」ということで再び転職活動を始め我々がお手伝いしたところ、スタートアップ企業での採用が決まりました。ポジションは管理部長、年収は前職とほぼ同額の約1000万円でした。現在は実力と実績があれば、50代でも転職先はあるのです。

 40代から50代でこれから大学進学を控えた子どもがいる家庭だと、確かに転職の失敗は避けたいという気持ちになるでしょう。しかし一方で、そういう人たちは家計を妻任せにしていたりして、自分たちが生活していけるミニマム年収を把握できていないことが多い。そこを把握しておけば、失敗に対する漠然とした不安はかなり解消されます。