女の子が現実とは違うビジュアルへと自分を加工する技術。これを「盛り」という。スマホなどで写真を加工することはいまや珍しくないが、ここでいう「盛り」はもっと奥が深いものだ。デジタルの加工技術だけでなく、メイク道具を駆使してビジュアルを手作りすることも含まれる。

 著者は日本の美人画を研究する中で、ある時代に描かれた美人画が、作者も被写体も違うのに、ほとんど同じに見えることに気づく。これはつまり、実際の顔をリアルに描いたのではなく、作者はその時代に流行した“型”に沿って顔をデフォルメして描いたということではないか??この視点を得たことで、著者の研究はきわめてユニークな領域へと踏み込んでゆく。

 美人画の歴史に、化粧道具やプリクラ、アプリやSNSといったテクノロジーの歴史を重ね合わせてみると何が見えてくるか。著者は本書で、現代日本の美意識の形成に女の子とテクノロジーが果たした役割を鮮やかに解き明かしてみせた。読めば目からウロコがボロボロ落ちる、知的興奮に満ちた一冊だ。

「女の子?盛り?なにそれ??」

 それでもピンとこないおじさんたちがいるかもしれない。そんな人には以下のエピソードを紹介すれば十分だろう。

一見「均一」にみえる彼女たちが
「個性」を口にするのはなぜか

 ある日、著者のもとに世界的に有名な高級ブランドからメールが届いた。フランス本社の化粧品マーケティング部長がぜひ会いたいというのだ。

 著者が海外向けのサイトに寄稿した英文記事を読んで興味を持ったのだという。それは「なぜ日本の女の子たちはそっくりな顔をしているように見えるのか?」という記事だった。

 日本の女の子たちはみな流行の装いをして、一見そっくりに見える。だが彼女たちにおしゃれを頑張る理由をきくと、意外にも「自分らしくあるため」と答える。一見「均一」にみえる彼女たちが「個性」を口にするのはなぜか。著者が女の子の行動をつぶさに観察すると、その理由が見えてきた。女の子は、みんなと同じような大きなつけまつげをつけていたが、アイメイクをするところを見ると、メーカーが異なる4つの商品を切り刻み、組み合わせて、自分仕様に細かくカスタマイズしていたのだ。